シミのない肌へ導く方法

シミのない肌へ導く方法

夏のサンバーン現象には早急なスキンケアを施してあげることがシミの予防につながりますが、ある程度冷却できれば次に肌には潤いを与えていくことが大切になります。
そこで、肌のほてりがおさまった後には炎症を抑えて、肌へ栄養を与えてくれる植物油を使用したボデイクリームを塗ることをお勧めします。

 

ボデイケアオイルのレシピです。まず、スイートアーモンドオイル15mlやセサミオイル5ml、ホホバオイル5mlなど数種類のオイルをブレンドします。
そこにゼラニウム2滴、ラベンダー3滴、ローマンカモミール1滴を加えて出来上がりです。

 

塗り方は簡単、入浴後にでもオイルを手にして日焼けした肌や気になる箇所に軽く刷り込むように塗ります。

 

ゼラニウム精油からは細胞成長促進作用、ラベンダー精油からは消炎、鎮痛、鎮痙作用、ローマンカモミールからは鎮静のほか皮膚の軟化作用という効果も期待することができます。

 

数種類の精油を混ぜると独特の香りが出来上がります。好ましい香りを楽しむ方が心にも良いアプローチができるので、苦手が香りを除いても大丈夫ですよ。

 

大切なのは、気持ちいいと感じる香りを選ぶことです。

 

まずはラベンダーローション、保冷剤でもいいですが冷却して強い炎症そ抑えることが重要です。肌のほてりが治ると次に鎮静作用のあるクリームやオイルでボデイケアを怠らないことが大切ですね。

 

ローションを塗る手間を省きたいなら、毎晩の全身浴に精油を1滴たらせば鎮静と細胞活性化が得られます。毎日のスキンケアでシミのない肌を作りましょう。

 

 

シミのない肌を目指すスキンケアには泡洗顔が大切

シミのない肌を目指すには角質を洗い流すスキンケアが大切です。洗顔方法で重要なことは洗顔フォーム意外にも泡立て方にコツがあります。

 

例えば、洗顔石鹸を使う場合の好ましい泡立て方というものがあるのでここでご紹介します。

 

石鹸を泡立てる場合にはネットを用いると綺麗な泡が仕上がります。まずは、ネットが手の平で動かないようにリングを指の間に挟みます。ネットを手の平に広げて石鹸を転がします。そして、ネットの先をつまんで回すように揉み込みます。

 

そうすると、いよいよ真っ白い泡がモコモコと誕生します。このとき水を数滴加えると豊かな泡だちが完成します。シュークリーム一つ分の泡が出来上がると、ネットを指から引き抜いてきめ細かいあわの完成です。ホイップクリーム状をイメージしましょう。

 

こうして作った泡を手にとって素肌をやさしく洗っていきましょう。とくに皮脂分泌の過剰な額、鼻の頭は念入りに洗います。

 

頬の高い位置は紫外線によるシミが最もできやすいのでここも念入りに洗うことでターンオーバーした老廃物を洗い流します。

 

以上、角質ケアを含めた日常のスキンケア方法のコツをご紹介しました。洗顔はキメの細かい泡でやさしく洗うことがポイントになります。